一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.10.26 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 午後スーパーに行って何がしかの買い物をして、少し買いすぎて重いなと後悔しながら自宅まであと50mばかりの處まで来たとき一人の少年に出合った。少年は小学2年生で大変利発な顔をしていた。彼は私とすれ違う時語りかけた。

 「おじいちゃん、荷物が重そうですね。私がお宅まで持って行ってあげましょうか」
 「有難う。少し草臥れたので、遠慮せずお願いしましょうか」
 私は彼の親切を率直に受け入れてビニール袋を渡した。家に着いたとき私は厚くお礼を言って何がしかの小銭を彼に渡した。彼は母に叱られますと辞退したが、結局受け取ってくれた。私はほっとした。今日はとてもいい日だった。高齢になると人様のご好意が身に沁みて嬉しい。

 夜1局だけ囲碁を対戦した。何時ものメンバーの人で楽しいゲームになった。

  Hさん  互い先  ○  15目の勝ち  見落としもミスもなく楽しい対戦になった。

 「石原慎太郎:天才」を読む。元首相の田中角栄の伝記文学のようなもので大変面白く読める。

 寝る前にインターネットの映画でイギリスのサッチャー首相の伝記映画を見た。素晴らしい作品だった。 

 またまた寒くなってリハビリはお休みにする。そして囲碁を熱心に対戦する。熱心だった割には成績は不良で1勝3敗は不面目であった。老齢になっては敢闘精神が長続きしないし、何でもないミスをやらかして元気がなくなる。

  Iさん  先  ●  42目の負け  はじめての人、中盤までは私がリードしていたのに大逆転になった。
  Yさん  白  ●  30目の負け  中盤を無事終って、大逆転。
  Hさん  先  ●  中押し負け   序盤で12子が頓死した。全くの不注意だった。
  Aさん  白  ○  8.5目の勝ち はじめての人だったがやっと勝てた。

  1勝できたので気分が良くなり、下記の医療随筆を読む。

 近藤 誠:成人病の真実

     

 リハビリ仲間は手の骨折で入院中の一人を除いて全員が元気に揃った。既に真冬は峠を越した感じで太陽は随分と明るくなっている。長い忍苦の冬だったな。

 リハビリから帰宅した後囲碁を1局対戦する。互い先の人で今は殆ど互角の人になっている。中盤までは私が数目リードしている様子だったが、ヨセ近くなって相手がファイトを出してきて何目か追い越された感じだったが、終局して計算すると、危なかったなー
、1目勝ちになっていた。今日の相手の人は数年前頃は私に3目は置いていたが研鑽の甲斐があって今は追いつかれて強敵になっている。

 Hさん  互い先  ○  1目の勝ち  ヨセに入ってからは薄氷を踏む思いだった。

 何時もの友人から下記の本を借りた。沖縄問題について現地の人の目で勉強して見たいと発起した。

 仲新城 誠:翁長知事と沖縄めディア  産経新聞出版

 「徳永 進:カルテの向こうに」を読了した。

 リハビリに行く時間になって小雨が落ちだしたので行くのをやめて囲碁を打つことに決めた。今日は2局対戦して2勝零敗だった。

 Hさん  相手が2子  ○  中押し勝ちだった  ちょっと勝てそうになかったが、中盤で相手に平凡なミスがでたら、思い切り良く投げなさった。
 Yさん  相手が3子  ○  これも中盤で形勢不明のうちに相手があっさりと投げ投げなさった。今日のお二人は粘りがなかった。勝ち勝負はあまり疲れない。

 3時過ぎになって晴れ間が出たのでスーパーまで行く。新のわかめやひじきを買う。そのほか3−4点私好みのものを手に入れる。気温は9度ばかり寒さに大分慣れたと見えてこの程度の温度だったら大して寒い感じはない。こうなったらもう春は近いのだ。

 お正月の日に日記を書いて以来丁度一ヶ月ぶりに日記を書きます。体調はそんなに悪くはなかったのに、寒さがきつくてついつい不精しました。昨日と今日で囲碁を2局対戦し1勝1敗でした。最近は勝ったり負けたりが続いています。

  Hさん  先  4.5目の負け  勝っていると思っていたのに、計算すると負けでした。
  Sさん  白  中押し勝ち  堂堂の勝ちでした。

 Googleの人工知能研究所でパソコンによる囲碁のソフトを研究をしていたそうですが、昨日の発表によると遂にパソコンがプロの
碁打ちに互い先で勝ったそうです。この報道はGoogleの「Alphago]で棋譜を見る事ができます。負けたプロは韓国人の2段でヨーロッパ選手権者で、2段は1勝4敗でした。負けはすべて中押し負けでした。従来の囲碁ソフトとの対戦成績は499勝1敗で画期的な強さを誇っています。3月8−15日にかけて世界一強いと言われている韓国人が賞金1億円をかけて戦うそうです。本人は「負けないつもりです」と自信まんまんらしいですが、今からこの対戦を楽しみにしています。

 今日は暖かだったので買い物を兼ねて散歩に出たのですが、公園には緋寒桜が咲き始めていました。春の訪れが待ちどうしいですね。 
 

 明けましておめでとうございます。昨年の晩秋以降はトンと不精して日記を書きませんでした。今年はお正月元旦の日に息子一家がベルギー人で目下大阪大学大学院に留学して日本文化を研究しているという女性を連れてきたのでお相手をすることになった。実は私の孫娘が同じ大学の寮で一緒の生活をしてるそうで、正月一人ぽつねんとしているのは味気なかろうと福岡に連れてきたものである。

 日本語は十分通じたので会話は順調に理解しあえた。ノーベル文学賞受賞者の川端康成や大江健三郎については私よりよく読んでいる。夕食をはさんで4時間の談話は少し疲れた。正月料理は外国人にはあんまり口に合わないみたいでお気の毒であった。

 週に二日はリハビリに通って決められたコースの運動をしている。町内の仲間は皆さん殆ど休まずに精励している。主治医は顔を合わせるたびに「適度の運動を続けるのですよ。高齢者の運動不足は忽ち筋力を弱めます」と激励してくれる。

 このところ、囲碁は全くと言っていいほど対戦していない。そのかわり、時には囲碁のソフトと対戦していい手を教えて貰っている。

 「心に残るとっておきの話 第5巻」を読了する。書いた人はみんな素人だが、なかなかいい作品が混じっている。

 寒さがつのってきたのでこのところ閑居して読書を楽しんでいる。今日読んだのは「吉村 昭:三陸海岸大津波」だった。この本は明治29年と昭和8年に三陸海岸を襲った大地震と多くの死者をだした津波について克明に調べて報告したものである。地震が起こってからすぐさま避難を開始すれば多くは助かった命であろうに、地震から津波の襲来までにはおよそ30分の時間的余裕があったのだが多くの住民はすばやい避難を開始しなかった。
 
 この夜は寒さが厳しくいてつく星空だった。一度は目覚めた人たちも再び寝床にはいり眠ってしまった。老人は口々に言う。「晴天の日は津波は来ないものだ。逃げなくても大丈夫だ」この誤った迷信が住民を支配し逃げ遅れの原因になった。誠に痛ましいことであった。彼らが津波の襲来に気付き目覚めた時凶暴な悪魔は住宅に襲いかかっていた。

 夕方頃散歩を兼ねて近くのスーパーまで買い物に行く。家内は生協と契約しているのでご近所の人と週1回生鮮食品などを配達してもらっている。最近は男が買い物をしてもおかしな風景ではなくなった。私はお店の商品のあり場所をあらかた記憶してしまった。

 昨日も雨が降り閑居したが今日も同じ理由で外出をしなかった。パソコンで世界のニュースを熱心に見たが、韓国のそれで「日本と再び併合したい。日本は優れた国で軍備も整っている」と投稿してあったのを見てちょっと驚いた。韓国は独立以来飽くことなく日本を非難し続けているが、日本を敵にまわすとアジアでは孤立してしまう。

 もし北朝鮮が第2次朝鮮戦争を起こした時、日本人は不愉快な韓国を援助する気にはとてもならないだろうと思う。口を開けば日本の悪口ばかりいう大統領はもっと冷静に隣国と仲良くしないといけないと早く気付かねばならない。

 
 今日は福祉センターに囲碁の対戦に行くとしよう。幸いにFさんが相手してくれて1局だけ対戦ができた。ゲ−ム時間は90分でいささか長すぎた。ヨセになる頃目算したら私が少し足らないようだった。ただ右上の隅が相手が受けを間違えると頓死する模様だった。ヨセがいよいよ進行してこの隅になった。真ん中にほうりこんだら相手は不用意にかたちを決めた。いい受けのようだったが実はこれでは生きがなくなる悪手だった。有難く頓死していただいて私の勝ちになった。

 火曜日はここでは囲碁の講習会が開かれている。その中に3年前まで私と勝ったり負けたりしていた好敵手のTさんが熱戦中だった。「豊前坊ですよ。元気そうだね」と声をかけると振り向いた彼の顔に一瞬戦慄が走り彼は絶句して声が出なかった。「脅かしてすまなかったね。3年ぶりだもんな」多分彼は私がもうこの世にはいない人と思っていたらしい。こうして何人かの古い囲碁友達と再び勝った負けたを楽しむ事になった。何時まで続けられるか、それは神のみぞ知る。


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 寒い日だったが晴天で風もなかった
    息子

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM